岩手県釜石市箱崎町で、行方不明者の捜索活動(第1回)を行いました。

日時

2011年3月18日(金) 13:00~17:00
2011年3月19日(土) 08:30~12:00

場所

岩手県釜石市箱崎町

出動犬

ラブラドール1頭(文太)、シェパード2頭および岩手県警嘱託警察犬(岩手支部)3頭

出動人員

会員3名および岩手県警嘱託警察犬指導手(岩手支部)3名

捜索状況

まとめ

岩手県釜石市箱崎町の町民の要請に基づき、岩手県警嘱託警察犬岩手支部と合同で行方不明者の捜索を行った。
倒壊した家屋の屋根の下や側溝のがれきの中など、5~6箇所に犬が強く反応したが、がれきなどの撤去をする人員が確保できず、確認が困難であったため、マーキングをして、自衛隊や消防署による撤去作業時に確認してもらうように町民の方々に説明した。
私達チームとして、初めての災害出動であり、早期出動、消防および警察との連携など、捜索活動の際の問題点が露呈した。多くの方々の死を無駄にすることがないように、真に貢献できるチームの体制を確立しなければならない。(岩本良二)

本捜索は、通常の行方不明者の捜索とは全く異なり、ハンドラーと捜索犬の自損事故の確率が極めて高く、慎重な行動と安全装備が必要であった。
この活動では行方不明者を発見することはできなかったが、このような捜索活動を経験したことは、今後のチームの訓練・活動に大いなる教訓となった。(田家正明)

東日本大震災の被災者の皆さまへ、心からお見舞い申し上げます。そして、一日でも早い復興をお祈り申し上げます。