生涯学習フェア2011で、東日本大震災での活動写真展示と警察犬のデモンストレーションを行いました(青森県総合社会教育センター)。

日時

2011年10月1日(土) 10:45~14:30

場所

青森市荒川字藤戸119-7
青森県総合社会教育センター

参加犬

警察犬(捜索犬)1頭…文太(ラブラドール レトリーバー 6歳オス)

ハンドラー

北東北捜索犬チーム員1名

内容

  • デモンストレーションとふれあい(中庭)
  • 東日本大震災での捜索活動写真展示(2階ロビー)

状況

まとめ

当初、ダンボール箱3個のうち1個に隠れた人を探し出す行方不明者の捜索シュミレーションを予定していましたが、風が強く、ダンボール箱が飛んでしまうので断念し、りんごの木の下に行方不明者役の人に倒れてもらいました。また、機会があれば、もう1頭の犬(イチゴ)も一緒に、ダンボール箱のデモとふれあいを行いたいと思っています。
人のために一生懸命働く犬とそのハンドラーは一心同体でなければなりません。それには深い愛情と相互の信頼が不可欠です。私達のつたないデモから子ども達に動物愛護の精神が醸成されることを願って止みません(岩本良二)。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です