日本救助犬協会から寄贈された捜索用内視鏡のテストを行いました。

2011年7月1日、NPO法人 日本救助犬協会から当チームへ、日本エマソン社製の内視鏡1台が配布寄贈されました。これは、3月11日の東日本大震災での災害救助犬の活動を見て、日本エマソン社が日本救助犬協会に内視鏡20台を寄贈し、日本救助犬協会に全国の災害救助犬団体への配布寄贈を託したものです。そのうちの1台を当チームへ配布して頂きました。

諸般の事情で遅くなりましたが、先日開催されたチームの会合の際に、テストを行ったところ、

  • コンパクトで携帯に非常に便利である。
  • 操作が簡単で使いやすい。
  • 光源が明るく、画像がシャープで見やすい。
  • 可変ケーブルのさらに長いものもあれば有効。

等の意見が出ました。いずれにしても瓦礫狭所での捜索確認に威力を発揮するとの結論になりました。
今後、この内視鏡を有効活用できるように、出動の際には常に携行することになりました。
提供をして頂いた日本エマソン社と、配布して頂いた日本救助犬協会に心から感謝いたします(岩本良二)。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です