青森市立浪打中学校の「進路教室」で、訓練士として講話と災害救助犬・捜索犬のデモンストレーションを行いました。

青森市立浪打中学校における進路教室での講話とデモンストレーション

日時

2013年11月1日(金) 13:30~15:30

場所

青森県青森市合浦1丁目
青森市立浪打中学校 体育館

目的

災害救助犬・捜索犬の訓練士の仕事の紹介

参加者

  • 会員:6人(岩本良二、長持義之、西塚ふみ子、三上恵子、成田道子、岩本久子)
  • 所属犬:2頭(文太、イチゴ)

スケジュール

13:55開講式
14:10講話「東日本大震災での犬による捜索活動と訓練士」
災害救助犬・捜索犬の訓練紹介と捜索シミュレーション
15:05閉講式

状況

まとめ

30数人の生徒を前に犬の訓練士の仕事を紹介しました。文太とイチゴもスタッフと一緒に、一生懸命にデモを行いました。今回は事前にスタッフとデモの内容について、何度も検討して臨みました。
今後、生徒達が職業を選択する時、今日のことが参考になればと思います。もしも、訓練士を目指す生徒が現れ、犬たち、そして私たちと一緒に安全安心な社会をつくることに係れたら…、素敵だなと思います。
(岩本良二)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です