青森乗馬倶楽部のうまと遊ぼうフェスタにデモ参加しました(青森市合子沢)。

日時

2010年6月13日(日)

場所

青森市合子沢
青森乗馬倶楽部馬場

目的

災害救助犬に対する理解を深める。

参加犬

文太

ハンドラー

岩本良二

サポーター

数名

デモンストレーションのスケジュール

12:45▽あいさつ
▽服従…ひもを付けずに実施(ノーリード)
・ハンドラーの左横についての歩行、駆け足
・離れた所からすわれ、伏せ、来いの指示で対応
・投げたダンベルを指示に従って持ってくる
・指示に従って障害物をジャンプする
・指示に従ってトンネルを通過する
▽災害時の捜索シュミレーション
・模擬倒壊家屋内に隠れている人を捜索、発見、吠えて知らせる
▽犬とのふれ合い
・かくれんぼ…ダンボール4個のうち、1個に隠れた子どもを探し出す
・お使い…ボール、ハンカチなどを並べておき、見学者の希望のものを順次取りに行かせる
・よーいドン…希望者とかけっこする
・キャッチボール…対面してキャッチボールをする
13:15▽終了

状況

編集後記

犬も私もサラブレッドと初対面でしたが、すぐ仲良くなり、デモンストレーションに支障はありませんでした。
災害救助犬に関しては、青森ではまだまだ認知されていない状況ですが、捜索犬も含め、少しずつ理解してもらえたら良いと思います。
このようなデモも現状では必要ですが、本番にいつでも対応できるように、日々の厳しい訓練は続けなくてはいけないと思っています。(岩本良二)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です