三沢アメリカ軍基地内で第2回日米ドックトレーナー勉強会を開催しました。

日時

2010年12月15日(水) 10:00~15:15

場所

三沢米軍基地内

目的

軍用犬施設見学と犬調教技術交流

参加者

日本側は北東北捜索犬チーム員、嘱託警察犬指導手など14名
アメリカ側は憲兵隊K9担当者など4名

参加犬

日本側は5頭(シェパード、ラブラドール)
アメリカ側は2頭(シェパード)

スケジュール

10:00~11:00犬舎などの施設見学
11:00~11:45日本側の選別と服従のデモンストレーション
11:45~12:15米軍側の警戒のデモンストレーションと技術指導
12:45~13:45基地内で昼食、意見交換
13:45~15:00廃屋内での不審者の捜索訓練
15:00~15:15意見交換

状況

感想

今回は、当捜索犬チーム以外の方々も多数参加して、施設見学、技術指導、意見交換が行われました。特に、米軍の獣医師による犬の健康管理に関する説明は参考になりました。日本の警察犬の服従、選別、足跡追求のデモンストレーションに、米軍ハンドラー達は興味深く見学していました。
次回は、基地内の林や藪を使って、不審者や行方不明者の捜索訓練を予定しています。
なお、この日米のドックトレーナーの交流のきっかけを作ってくれた憲兵隊K9のバレンタイン軍曹が本国に転勤することになりました。ここに、深く感謝の意を表します。(岩本良二)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です