北海道胆振(いぶり)東部地震で被害の厚真町の行方不明者捜索に参加しました(北海道)。

日時

2018年9月6日(木) 11:30

場所

北海道厚真町吉野地区

参加者

  • 北東北捜索犬チーム
    • 岩本良二
    • 災害救助犬「イチゴ」
    • 嘱託警察犬(捜索)「もみじ」

日程

9月6日(木)

  • 03:08 – 北海道胆振地方中東部を震源とするマグニチュード6.7の地震発生
  • 10:00 – 青森県防災危機管理課提供の情報などからチームの判断で北海道に出動決定
  • 12:00 – 青函フェリーに乗船(青森県職員に同行)
  • 17:00 – 函館港に到着、長万部に移動宿泊 (青森県職員に同行)

9月7日(金)

  • 05:00 – 長万部から札幌へ移動(青森県職員に同行)
  • 11:00 – 札幌の北海道庁に到着、災害対策本部の救急救助チームから厚真町で災害救助犬を必要としている旨の情報を得て、厚真町役場へ移動
  • 15:00 – 厚真町役場で担当者から現地の指揮本部の指揮下で動くように指示あり
  • 15:30 – 吉野地区現地指揮本部(神奈川県警機動隊)の指揮下で捜索準備、待機
  • 16:30 – 「イチゴ」と一緒に吉野地区の土砂崩れで崩壊した家屋周辺の捜索を実施
  • 16:50 – 土中の着衣と寝具に弱く反応したが行方不明者の発見に至らず捜索終了、さらに待機
  • 18:30 – 現地指揮本部から明日も同じ場所で待機するように指示を受け、今日の活動を終了
  • 19:00 – 厚真町役場裏で就寝

9月8日(土)

  • 05:30 – 吉野地区へ移動、待機
  • 08:00 – 青森県警機動隊が厚真町に到着し、その現場隊長の指示で災害救助犬の要請窓口として吉野地区に待機
  • 11:30 – 青森県警機動隊の現場隊長から、既にドッグサーチを要する状況にないとのことで、捜索待機を終了し、函館に移動
  • 19:30 – 青函フェリーに乗船

9月9日(日)

  • 00:30 – 青森港に到着
  • 01:30 – 帰宅

状況

まとめ

今回の現場出動は、フェリーの乗船、北海道庁災害対策本部での情報収集など、青森県防災危機管理課のご協力がなければ叶わない状況であり、深く感謝いたします。
正確な情報収集と犬による捜索は、ともに迅速に行われなければなりませんし、消防、警察、自衛隊と連携して行わなければなりません。非常にうまく機能した面と、今後に課題を残した面がありました。
今回の地震で亡くなられた41名の方々のご冥福を祈るとともに、この出動を検証し、今後に備えたいと思います。
(岩本良二)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です