青森冬まつりで犬とのふれあい、フリーマーケット、募金活動などを行いました(青森市)。

日時

2019年2月3日(日) 09:00~15:00

場所

青い海公園(アスパム裏)

内容

  • 活動が分かるの写真パネルの展示
  • 災害救助犬、嘱託警察犬、セラピー犬とのふれあい
  • いぬ用品のフリーマーケット
  • 新企画のゲーム「コング投げ」
  • 募金活動

スタッフ(参加犬名)

工藤博子、木村良子、杉田宏子、吉崎千賀子、西塚ふみ子、成田道子(カシス)、相馬綾子(チャウ)、前田麻実・千恵子(かりん)村田道子(ピット)、工藤美穂(ルナ)、三上修悦(きろ)、岩本久子(ひらり)樽沢信子(モコ)、山口最史(ぶちょお)、岩本良二(イチゴ・もみじ)

状況

まとめ

沢山の人達が私たちのブースを訪問してくれました。犬とのふれあいでは、犬もハンドラーも全力投球。時間が長かったので犬には負担が大きかったようです。 今後の検討が必要だと思いました。

初めてのゲーム「コング投げ」:樽沢氏が発案の犬の顔写真が貼られたバケツを狙ってコング(ゴムボール)を入れるゲーム:は大好評。子供たちが列を作り、景品のお菓子がすぐになくなりました。今後のイベントでも続けたいと思います。
いぬ用品のフリーマーケットはほぼ完売で、その売り上げは、募金とともにチームの活動費として、大切に使わせていただきます。

以上、皆様のご協力に深く感謝いたします。ありがとうございました(岩本良二)。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です