青森県消防学校で災害救助犬についての講義と実戦訓練を行いました(青森市)。

日時

2019年10月23日(木) 13:20~7:10

場所

青森市大字新城字天田内183-3

内容

  • 第38回消防職員 専科教育 救助科 災害救助対策 ~ 土砂災害対応訓練

受講者

消防職員(幹部を含む) 70名

スタッフ

岩本良二、三上修悦、山口最史、村田道子

災害救助犬候補犬

もみじ、きろ、ぶちょお

状況

まとめ

今年5月に同じ場所で行った災害救助犬(国際救助犬)の公開講座に続き、消防の職員の方々に災害救助犬についての講義を行う機会を与えていただきました。講義では沢山の質問があり予定時間を超過してしまいましたが、災害が多発する現在、最前線で活躍する消防職員に災害救助犬について正しく知っていただき、現場で連携して災害救助犬を効果的に使っていただきたいと思っています。そのためには、私たちも犬と一緒に日々精進しなくてはと思います(岩本良二)。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です