警察学校で警察犬による雪中遭難者捜索のデモンストレーションを行いました(青森市)

日時

2020年1月14日(火) 13:00~14:00

場所

青森市大字新城字天田内130-5 青森県警察学校 校庭グランド

対象

学生 74名

内容

冬山における嘱託警察犬による遭難者捜索について、デモンストレーションを通して以下のことなどを説明しました。

  • 捜索現場の状況、原臭の有無などを検討し、使用する嘱託警察犬の特性(足跡を追跡する犬、浮遊臭を追跡する犬など)を考えて適性に活用する。
  • 山中の現場への移動は、雪上車などを使い、犬の体力を保持するように配慮する。
  • 捜索している犬の挙動をよく観察する(突然の方向変換、雪面のスクラッチなど)。
  • ゾンデ棒(プローブ)でできた穴を犬に嗅がせる方法も有効です。

嘱託警察犬(指導手)

  • イチゴ(岩本良二)
  • もみじ( 同上 )

スタッフ

福原照子、岩本久子

状況

まとめ

事前の打ち合わせと違って雪が極端に少なく、担当教官にはご苦労をお掛けしました。1時間の講義でしたが、学生たちが一線に出て事案解決のために「嘱託警察犬の活用」という発想を持っていただければ幸いです。私たち指導手も、いつでも警察官の要請に答えることができるように、犬と共に日々訓練しなくてはと思います(岩本良二)。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です