家庭犬のしつけ方講座(講師:山下國廣)に参加しました(青森県動物愛護センター)。

家庭犬のしつけ方講座に参加して

日時

2013年11月3日(日) 13:00~16:00 無料
2013年11月4日(月) 10:00~16:00 有料

場所

青森県青森市宮田
青森県動物愛護センター

主催

青森県動物愛護協会

共催

青森県動物愛護センター
青森県公衆衛生獣医師協議会

後援

NPO法人北東北捜索犬チーム

講師

山下國廣

内容

11/3(日)

  • 一般飼い主向けの家庭犬の基礎的なしつけ方

11/4(月)

  • 科学理論によるしつけ、日本犬の問題行動と対処法

参加者

11/3(日)

  • 会員:4人(西塚、成田、長持、喜多)

11/4(月)

  • 会員:3人(岩本×2、西塚)

状況

まとめ

ほめてしつける方法はごく一般的になり実践している方も多いと思いますが、ハウツーテクニックだけではうまくいかない、何が間違っているのか?を、要点をおさえて教えていただきました。
ほとんどの犬の問題行動は犬として当然の行動、正常な警戒心に基づくものであるから、「悪さをする」という感覚は捨て、人の都合で変えてもらうのだという意識を持つ、など、犬のあるべき姿を尊重しつつ人とうまく生活していくための方法に、学ぶべきこと共感することがたくさんありました。
講座終了後には、捜索犬チーム向けのお話もしてくださり、ハンドラーに求められる能力、犬の訓練に何が必要かなど、忘れてはいけないことを改めて意識することができました。
(成田道子)

俗説を検証して色々な問題点を解決してゆく過程を学びました。古くから言われていた犬の特徴も理論的にむずかしい事は沢山ありますが、何よりもほめる事の大切さ、ダメと言うよりも、ほめ言葉を何倍も多くかける事が大切だということを学びました。
(岩本久子)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です