平成26年度青森県総合防災訓練に参加しました(八戸市)。

平成26年度青森県総合防災訓練(八戸)
座屈ビル・倒壊家屋・瓦礫下救助救出訓練

日時

2014年8月31日(日) 9:00 – 12:00

場所

青森県八戸市八太郎2丁目4-10
八太郎公園

主催

  • 青森県
  • 八戸市
  • 八戸消防本部

参加者

  • 災害救助犬ネットワーク
    • 会員 – 4人(四戸正子、四戸義之、伊藤敬一、伊藤陽子)
    • 所属犬 – 5頭(ひめ、うめ、ハッチ、アール、ルカ)
  • 北東北捜索犬チーム
    • 会員 – 5人(久保安弘、岩本良二、三上恵子、岩本久子、櫻庭晴香)
    • 所属犬 – 2頭(文太、イチゴ)

内容

  • 瓦礫下救助救出訓練
    • 瓦礫下及びU字溝内の要救助者の捜索
  • 座屈ビル救助救出訓練
    • 座屈したビル1階車両内の要救助者の捜索
  • 倒壊家屋救助救出訓練
    • 倒壊した家屋内の要救助者の捜索
  • 展示・体験訓練
    • 災害救助犬・捜索犬とのふれあい、パネル展示

状況

まとめ

今年の青森県総合防災訓練は、会場が八戸市で遠方でしたが、チームで力を合わせて仕事を分担し、うまく終える事が出来ました。
広島の土砂崩れなど、大きな災害が発生している現在、一人でも多くの命を救うために、今後も犬と一緒に消防、警察、自衛隊と連携して訓練を継続しなければなりません。
また、大きな災害時にはNPO法人災害救助犬ネットワークとの連携は不可欠であり、合宿訓練や合同訓練をとおして、災害救助犬ネットワークから多くを学び指導を受け、私たちのスキルアップを図らなければなりません。そのような思いを強くした有意義な防災訓練でした。
なお、今回の展示・ふれあいブースで、皆様からいただいた寄付金920円は、活動費として大切に使わせていただきます。有難うございました。
(岩本良二)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です